イミダペプチド あゆみ

イミダペプチド口コミ評判のあゆみ!サプリドリンク誕生の道

 

イミダペプチドは単に、サプリメントを開発したいという商品開発から生まれた製品でありませんでした。

 

最初は抗疲労プロジェクトから始まっています。

 

抗疲労プロジェクトは文部科学省研究班からスタートした、研究予算30億円の棒大な研究になります。
その目的は

 

これは1991年から始まり疲労対策の為に、本当に効果があるものを発見し開発使用という目的から始まっています。

 

イミダペプチドのあゆみ

 

  • 1991〜2003年  1億円 厚生省研究班
  • 1999〜2004年 14億円 文部科学省研究班
  • 2003〜2005年 15億円 産官学連携プロジェクト
  • 2004〜2006年      21世紀CDE

 

 

1991年〜 厚生労働省 CFS調査研究班発足

これは、元々アメリカの1984年にネバタ州で疲労を訴える事例が発生した事でにアメリカ疾病予防管理センター(CDC)が本格的にCFS(慢性疲労症候群)について研究を始めるに至っています。

 

当時の日本は、この慢性疲労症候群についての研究は進んでいませんでしたが、この事例により1991年に本格的に研究が始まりこれが、厚生労働省、CFSの調査研究班を発足になります。

 

 

1999年〜2001年 文部科学省科学技術振興調整費生活者ニーズ対応研究 1期

2002年〜2004年 文部科学省科学技術振興調整費生活者ニーズ対応研究 2期

 

厚生労働省が行った疫学調査で疲労感を日本で疲労感を自覚している人は約60%とう結果が解りました。
疲労はとても身近な問題でしたが、あまりにも大きなテーマでもあったため、研究の対象として取り上げれていませんでしたが、ようやく本腰をあげ、疲労研究班が発足。疲労対策や予防改善について研究が始まりました。

 

 

2003年〜2006年 産官学連携 疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト

 

2003年には、この疲労に携わってきた5大学に「産」からは製薬・化学関係社が9社、食品関係から7社、総合商社が2社の合計18社と「官」からは、大阪市が参加し、疲労定量化技術の確立 抗疲労食品開発について取り組みを行っています。
最終目標は、この疲労のバイオマーカー、要するにこの疲労を生み出す原因をみつけ、それを評価し数量化する為の指数見つけ出し、観察や診断、そして治療に役立る事としています。
そして製品化の要件、トクホにの取得、厚生労働省に申請するまでに至っています。

 

 

2004年〜 大阪市立大学21世紀COEプログラム 疲労克服研究教育拠点の形成

 

大阪市立大学の疲労科学研究教育の拠点として21世紀COEプログラムが選択されました。
これは、世界にも負けない最高水準の疲労研究の国際的拠点を目指すものです。

 

 

このように、疲労についての歴史は関係者や早大なプロジェクトの元研究がすすみ、その一貫でイミダペプチドは発見され、製品化されたものです。

 

イミダペプチドは、生半可な商品開発で生まれたものでは無く、論理的で画期的な商品と言う事が判ります。

 


イミダペプチド40

【人気記事】
イミダペプチド口コミ評判を検証!サプリドリンクに副作用?真相暴露
イミダペプチドは効果、効能が優れ人気のサプリメントですが、反面副作用が無いのか?との声や、またドリンとソフトカプセルどっちが良いのか?口コミは良いのか?様々な疑問があります。徹底的に調査を行い、情報を公開しています。